思い通りの曲を作る方法とは。簡単に良い曲作りをするには。

LINEで送る

こんにちは\(^o^)/
東京都内渋谷区恵比寿駅徒歩2分のボイトレ、ビジネスボイトレ、話し方スクール『ファイブイービジネスボイスコーチ&ボーカルトレーニングスクール』代表の浦麻紀子です!

ファイブイーでは音源制作も承っています!
素晴らしい作家さんがいらっしゃいます。
先日もクライアントさんと打ち合わせでした。
どんな曲にしたいのか、どんなコンセプトなのかをじっくり話し合いました。

クライアントさんの要望を具現化する能力って作家さんにとってはとても大切なスキルですね!

例えば、
「柔らかい感じの曲がいい」とか、
「切ない感じにしてほしい」など、

抽象的なイメージを深掘りしてたくさんの引き出しの中からチョイスし提案する。
これは経験がないと難しいのかも知れません。
普段から様々な音楽を耳にしたり色んな案件を経験したりすることで、
抽象的なものを具現化出来るのだと思います。

一青窈さんのプロデュースなどで有名な音楽プロデューサーの武部聡志さんは、以前プロフェッショナルの流儀という番組でこうおっしゃっていました。

「自分が思ったことやイメージしたことを確実に形にすること。そのための情熱、行動力を持ち続けることだと思います。」

そして、こうもおっしゃいました。

「弱さこそ強みになる。」
「苦しみや挫折が音楽を作ったり歌を歌ったりするときの原動力になる。」

歌を歌うときでも音楽を作るときでも
ビシネスシーンでも
自分が感じたことを確実に相手に伝えられるチカラを持つということで、
自分自身のスキルアップにもなりますし、
自分を信じる力にも繋がると思います。

精一杯ボイトレしたり歌をうまく歌えるように頑張ったり滑舌をよくするためにトレーニングしてきた自分を信じたいですし、
感情表現や抑揚など、歌や話し方に欠かせないスキルを磨いてもっと音楽やビシネスシーンを楽しんでいきたいですね!

http://ula-voice.com/
IMG_2188