簡単ボイトレ健康法!認知症の予防、頭の身体の体操にも

LINEで送る

みなさんこんにちは\(^o^)/
東京都内渋谷区恵比寿駅徒歩2分のボイトレ、ビジネスボイトレ、話し方スクール
『ファイブイービジネスボイスコーチ& ボーカルトレーニングスクール』代表の浦麻紀子です!

今年もあと10日ほどで終わりですね!!
あっという間ですね一年なんていうものは!!
お正月はあまり休みがありませんが元旦くらいは実家に帰って家族で過ごそうと思っています!

今年最後の主催ライブが23日にございます\(^o^)/
それで今年は主催ライブさいごです!

いやー今年もめちゃくちゃライブを見たしライブサポートもいっぱいさせていただいたし、
現場をたくさん見ることができて幸せな一年でした!
セミナーにもたくさん参加していただきボイトレのレッスンもたくさんやらせていただき
色んな経験をさせていただきました。
セミナーやステージは地方で行なったりすることが多いのですが、新しい出会いもあり、またさらにたくさんの音楽に触れることができ、勉強もたくさんさせていただきました。

ボイトレや話し方、滑舌のトレーニングはひとりでするものですが、実践する時はかならず相手がいますので反応を見ながら臨機応変に対応します。人が聞いてどう思うかというところはすごく大切だと思います。独りよがりにならないためにも定期的に誰かに聞いてもらったりプレゼンやカラオケ大会、ライブなどに参加されるのもいいですね!!

そして、最近は健康のためにボイトレに通うという方も多いです。
少し前に、手足4つをバラバラに動かすドラムのレッスンが、今高齢者の方の間でブームになっていまるようです。認知症の予防にもなるということで、ドラムを演奏することも目標ではあるのでしょうが、まずは手足をバラバラに動かすことが健康の第一歩らしいです!
たしかに、頭と体にすごく良さそうですよね!!
ボイトレも、声を出す=体を使う=体のあらゆる筋肉運動と、思ってくだされば嬉しいです!
背筋をすごく使いますし、顔の筋肉もめちゃくちゃ動かしますし、肩を回したり首を柔らかくしたり、体をしっかりしなやかな状態で声を出したりします。
それと、横隔膜を使った呼吸のトレーニングでは汗かきます笑

普段大きな声を出さないという生徒さんも多く、ストレス発散したり体と声のストレッチで気持ちが明るくなると言ってくださいます。

大きな声を出す時は呼吸と越えを出す時の喉周りの筋肉と声帯の筋肉、顔の筋肉、お腹周りの筋肉!足の筋肉などたくさんの筋肉を使って出します。
普段は使わないところもガッツリ使っていくのでいい運動になりますね!
そして、1番は表情筋のトレーニング。
表情筋は実際は使えているようで使えていないので(普通の方は表情筋全体の30%以下と言われています)
顔の筋肉をちゃんと動かしてあげるだけで話す時にすでに筋肉があがります。
癖付けられると知らない間にきちんと筋肉を使っているようになります。

これからまた寒くなります!
寒いと体を動かすのが億劫になりますね(*_*)
筋肉がかたまりやすく、声も体も固くなって余計に声が出辛づらくなりますね。

声を出したり歌を歌うことは、
笑顔で楽しい健康法だと思っています!

http://ula-voice.com/

37624A59-F9D8-4BD8-AFAC-A251D2B96A28