緊張した時の原因と対策。声の出し方話し方。

LINEで送る

みなさんこんにちは\(^o^)/
東京都内渋谷区恵比寿駅徒歩2分のボイトレ、ビジネスボイトレ、話し方スクール
『ファイブイービジネスボイスコーチ&ボーカルトレーニングスクール』代表の浦麻紀子です!

先日は演奏のお仕事でした!\(^o^)/
いつもとっても楽しいですし、音を合わせるのは本当に気持ちが良いですね!

バンドアンサンブルでの演奏はとっても楽しいです!今回はサックスも入っていたので嬉しかったです!管弦はとても好きです!

本番は人が入るので温度が変わります。温度が変わると音の速度などがリハーサルとは異なりますのでリハーサルの時いかに盤石であっても臨機応変な対応が必要になります。
これは話し方でもそうですね。プレゼンやセミナーなど、人前で話す時もリハーサルとは異なる空気になり緊張しやすくなってしまいます。

どれだけ用意周到に段取りしていても
イレギュラーなことって起こりますよね。

そんな時はまず冷静になるのが一番ですね!
ただ、そんな時に冷静になれるのなら苦労しない!ですよね、、うちもガクブルする時あります、、

そして、焦ったり緊張すると息が浅くなりがちです。
息が浅くなるというのは腹式呼吸でなくなるということです。
腹式呼吸は肺の下まで空気を入れて肺の下にある横隔膜を動かす呼吸です。

呼吸が浅いと肺の上部で呼吸するので一度に取り入れる息の量も少なくストロークが早くなり、また肺の下部までしっかり行き届かないので横隔膜が動かない状態です。

そんな時は!
緊急事態の時ほど『姿勢良く!』です!

姿勢が悪いと(猫背)本来なら呼吸の時に膨らむ肺が膨らみづらくなるので、
しっかりとした呼吸をする時は、慣れるまでは姿勢から意識してみましょう!

姿勢チェック
壁に沿って立ちます。
かかと、お尻、肩甲骨を壁にくっつけてください。

いつもより胸を張った感じになりませんか??

しっかり胸を開きましょう!

そして肋骨や肺のにしっかりと動かせるだけのスペース確保です!

ボイトレにおいても、まず姿勢を正していただきます。
慣れると辛くもなんともないですし
はっきり言って見た目が全然変わります!!

話し方のトレーニングやプレゼンされる方、
ライブで歌う時、
人に見られるという時は
緊張しやすいのでなおさら姿勢を保ちましょう!

http://ula-voice.com/

ED01D377-4226-45C3-A7C8-F80C3AE408CD