譜面を読む書くことで歌が上手くなるボイトレ術

LINEで送る

みなさんこんにちは\(^o^)/
東京都内渋谷区恵比寿駅徒歩2分のボイトレ、ビジネスボイトレ、話し方スクール
『ファイブイービジネスボイスコーチ&ボーカルトレーニングスクール』代表の浦麻紀子です!

先日はライブのサポートでした!
ROCKやファンクやダンス、いろんなジャンルのコーラスをさせていただきました!!

こうやってお仕事させてもらうと、
自分が聴かないジャンルの音楽だったり新しい発見がたくさんありますね!
それにコーラスはボーカリストの声量や声質に合わせて自分も声の鳴り、響かせ方、口の開き方で発音の仕方などを変えたりボレスポイントをずらしたりボーカリストの要望を確実に正確にこなしていかなくてはなりません。

譜面を初見で歌うことも多々ありますので譜面からしっかりと音を奏でる技術が必要です。
今は音源ありきの時代になりましたが、昔は譜面をおこしてそれが後世に伝わり今も昔の素晴らしい音楽が残っていますよね!録音技術が出てくるまでは譜面ありきの話です。譜面上で音を奏で会話します。それが出来るのと出来ないのとでは演奏したり歌ったりする時に大きな差が出ます。
例えばこの音はどのくらい延ばすのかや、平歌のここの部分とサビのここの部分は同じ音だけど響きを変えるまたは同じように出す、など、絶対音感が無く感覚で歌っているとどの音とどの音が同じなのかすら分からない人が多いです。本当はそんなに高くない音なのにフレージングで高く感じてしまったり、、

こうやって現場では勉強させていただいております!むしろ一番効果的なボイトレな気もします!

ボイトレに通ってくださっている生徒さんの中にもいろんな声質が出せるようになりたい。強弱がしっかりつけられるようになりたい。など立体的に歌を歌うと目標にされる方も多いです。

自分らしい声や歌い方、話し方ももちろん大切ですが、誰かに合わせる、合わせられる技量を持つということもとても大事だと思います!

それにはきちんと譜面の読み書きができるという事はとても大事であり必要なことですね!

http://ula-voice.com/

A152F97A-2ABE-4D4D-9914-B3540C27DEF8