審査員後記。子音と母音のバランス。

LINEで送る

みなさんこんにちは\(^o^)/
東京都内渋谷区恵比寿駅徒歩2分のボイトレ、ビジネスボイトレ、話し方スクール
『ファイブイービジネスボイスコーチ&ボーカルトレーニングスクール』代表の浦麻紀子です!

ここ最近は審査員、セミナーのお仕事やバックミュージックのサポートなどで全国各地をまわっています。
プロの方の尊敬するシンガーさんの後ろでコーラスしたり鍵盤を弾いていると、やはりこちらもテンションが上がります!

審査員のお仕事をさせてもらっていると本当に勉強になりますし自分も成長出来ます。
最近の人はみんな上手いなーって思いますよほんまに!!

それだけみなさんが日頃一生懸命に歌を練習してくれているからだと思います!!うちももっと練習したくなりました!!
今はカラオケ番組も増え、カラオケ大会で入賞した方などが活躍されているのを見ると本当に嬉しいです!!

みなさんとても上手なのですがリズムが気になりますというお話は以前記事にしました!もう一点に気になるところがあります。

それは、子音と母音です。

歌というのは、言葉にメロディーが絡んでいるものです。
が、だんだん上手くなってきたりその曲に慣れてきたりすると、言葉よりもメロディーが立ってしまうことが往々にあります。またその逆で、言葉を立たせすぎてメロディーを失っているものもあります。絡み合うのではなく、どちらかに依存しすぎてしまう。
子音と母音の距離がすごく近い人、逆に離れすぎている人。

先日の審査会場では、ほとんどの方が、
・ピッチが安定している
・声量もそこそこある
・身振り手振りなどの表現が出来ている

でした。

残念ながら、メロディーと言葉が絡んでいたなという方は2人しかいませんでした。他の方はメロディーラインを追いすぎて言葉が引っ込んでしまったり、フェイクであろう部分がメロディーになってしまったり、言葉を引っ張り出すあまりに感情をのせすぎて無闇に大袈裟に聞こえてしまったり、言葉の子音だけが突出してしまい音同士のフレージングとしての繋がりが希薄になってしまったり、

「メロディーと言葉のマリアージュ」とでも言うのでしょうか、
料理に例えるとカレーライスのような歌が一番美味しいのかなと思います!
ルーとご飯のバランスの好みはそれぞれあるにせよ、二つが一つになってはじめてお互いの良さが引き立つのだと思います。
これが、ご飯だけになったりルーだけになると、それはもうカレーライスではありません。
このバランスがとても難しいですね。
難しいからこそ、最高のバランスのカレーライスは最高に美味しいですもんね!

http://ula-voice.com/
53A30F0D-DB4C-42CD-AB99-3F939A5CBAAF